酵素とは

MENU

そもそも酵素とは?

新谷酵素

人は、食べ物を摂取したら必ずそれを分解して消化しないと栄養として

吸収することができません。その過程で絶対に欠かせないのが「消化
酵素」なのです。

 

消化された栄養は吸収され、体を作っていきます。その過程を
「代謝」と言います。代謝に欠かせないのが、「維持酵素」です。

 

消化と代謝、人が生きていく
上で不可欠な2つの過程がこの酵素の働きによって成り立っています。

 

酵素が不足すると・・・
消化不良を起こしてしまったり体内の代謝がうまくいかずに逆に
体内毒素が蓄積されてしまいます。

 

つまり、私たちの体の運動は全て酵素の働きによって営まれている
のです。心臓の活動、呼吸をすること、手足を動かすこと、すべて
酵素なしでは成り立ちません。

 

人は加齢と共に、新陳代謝が遅くなり、最後には止まってしまいます。
その新陳代謝に必要なのが、「維持酵素」です。
維持酵素なしでは細胞が分裂し新たな細胞にバトンタッチすることが
できません。

 

私たちは命に限りがあります。それを寿命と言いますが、
寿命の期間は、実は酵素のたくわえがある期間の事を指しています。

 

こんなに大切な酵素は、体内にある酵素の原材料とも言うべき
「潜在酵素」から生成されていきます。

 

もともと、人は食物から得た酵素を「潜在酵素」と引き合わせることに
よって人体に欠かせない「消化酵素」と「維持酵素」を生み出して
いました。

 

でも、今は、酵素を多く含んだ野菜を取れる機会が少なくなってい
ます。様々な食品添加物や水道水に含まれる塩素で体の酵素
は破壊されてしまっています。

 

現代の人はどんどん酵素不足になっています。

 

だから、酵素を補給する必要があるのですね。