酵素不足に陥らないために

MENU

酵素不足の対策方法はまずは睡眠をきちんと取ることです!

ゆうこうせん

 

酵素は、体の消化吸収の働きや新陳代謝を行うために、必須となる物質です。

 

体内の酵素の量は、加齢とともに不足してしまうことが避けられないとされていますが、生活習慣にも大きな影響を受けます。

 

特に大きな関係があるものとして、睡眠が挙げられます。

 

人間が起きて活動している間は、基本的に酵素が消費されていきます。

 

起きている間に消費された分は、睡眠を取らなければ補うことができません。ですから、酵素不足の対策方法としては、まず睡眠がきちんと確保できる状態にすることが重要です。

 

十分な睡眠を取ることができず、消費量に対して供給量が追いついていない状態になると、消化不良に陥ってしまったり病気になりやすくなるなどの健康問題が表面化してしまいます。

 

体の疲れや肌のダメージを修復するという意味でも、きちんと寝ることが大切です。また睡眠を十分に取っていても、夜更かし等をしていて寝る直前に食事等をしている場合は、注意しなければいけません。

 

食事の消化のためにエネルギーが消費されてしまい、酵素の生成が阻害されてしまうためです。

 

そのほかの対策として、お酒を飲み過ぎないことが挙げられます。体内でアルコールを消化するためには、かなりの量の酵素を必要とします。

 

特に肝臓への負担が強く、飲酒量が増えるほど肝臓に障害が出る可能性が高くなってしまいます。適切な量であれば、お酒は体に良い影響を与えますが、必要以上に摂取は控えると良いでしょう。

 

また、食事の時もバランス良く肉や野菜を取り入れることが大切です。

 

酵素は熱に弱いため、加熱された肉や魚ばかり食べていると、体外から摂取できる量が少なくなります。内蔵への負担という意味でも、野菜や果物を取り入れると良いでしょう。