熱殺菌すると酵素が死ぬのではという疑問について

MENU

酵素ドリンクは酵素を作りだす材料になるもの

酵素ドリンクは数年前からブームになり、今ではダイエットと言うと酵素ドリンクを利用したファスティングダイエットなどが主流になりつつあります。

 

酵素ドリンクは本来、体内酵素を増加させるための材料であり、野菜エキスや酵母菌が入っている飲み物です。

 

本当は「補酵素飲料」と呼ぶのが正しいのですが、ほとんどの人が「酵素ドリンク・酵素飲料・酵素ジュース」と呼ぶため、酵素飲料には生きた酵素がたくさん入っていると思っている人が多いのです。

 

もし、酵素飲料そのものが酵素を摂取するための飲み物と言う事であれば、確かに胃で分解されてしまい、体内酵素になることがなくなってしまうのですが、皆が酵素飲料と呼んでいる優光泉をはじめ補酵素飲料は、何万種類もの体内酵素の材料となるものであり、とても重要なものなのです。

 

法律上、酵素飲料は大枠で清涼飲料水というジャンルに位置づけされており、酵素飲料も法律で約70度で15秒の熱殺菌がさだ目られています。

 

優光泉も上述の方法で殺菌しています。

 

酵素飲料の中に生きているのは酵素ではなく酵母菌であり、優光泉の酵母菌は耐熱酵母菌という種類で70度で死滅することはありません。

 

実際にゆうこうせんの販売元であるエリカ断食道場は酵素風呂も運営しており、その発酵温度は約70度に達しています。

 

酵素風呂の発酵は販売しているゆうこうせん酵素と同じものを使用しており、つまるところ、酵母菌は70度の熱殺菌で死滅することはないといえます。

 

>>優光泉の体験レビューはこちら