酵素は体内でも作られているのでしょうか

MENU

酵素は体内でも作られるが、加齢と共により不足しがちになる

ゆうこうせん

酵素は人間が健康的な暮らしを行う上で欠かせない物質です。

 

体内にて作り出されるその種類は極めて様々で、体の内部で引き起こされる化学反応のきっかけを作り出す重要な役割を持っています。

 

その詳細に関しては今なお解き明かされていない部分も多いのですが、酵素がもたらす役割としては主に代謝と消化が二大巨頭として存在し、両者が大きな歯車のように順調に回転することで人間は健康的な状態を維持することができるのです。

 

体内にて作り出された酵素はまずはその多くを消化へと回します。

 

というのも人間にとって食生活は欠かせない生きるための手段であり、それら摂取した食物は消化器を通過する中で各器官において消化と分解を繰り返していきます。

 

この時に順調に消化を進める上でも酵素はなくてはならないもので、もしも食べ過ぎやアルコールなどの過剰摂取をした時にはその分だけ使用する分量も多くなります。

 

すると本当は代謝のために使うはずだった分の酵素も消化の分への消費されてしまい、人の体の中の代謝力が弱まってしまいます。

 

この代謝の詳細を見てみると、これは体全体に栄養分を循環させ、なおかつ各部分から生じた老廃物をきちんと体外へと排出するのを促す役割のことを指します。

 

代謝が滞ると次第に不健康な状態となり、風邪をひきやすくなったり、脂肪分が分解されずに体に蓄積されたままで内臓脂肪が増大することにもつながります。

 

若い頃には少々食べ過ぎても健康的だったのが年を重ねると徐々に後に響くようになることがあります。

 

これは酵素が加齢とともに減少してしまうからであり、消化の働きにおいて浪費されてしまうと、おのずと代謝力の面で問題が生じるようになってしまいます。

 

ただし、こうして減少しても、酵素は体外から取り入れることで消化を助けたり、代謝分を補うことも可能です。

 

このように全体的な分量や消化と代謝のバランスを維持することで、いくつになっても健康的な暮らしが維持できるのです。