リバウンドを防ぐ方法について

MENU

急激に痩せるよりも、徐々に痩せるほうがリバウンドは防げる

ゆうこうせん

ダイエットの方法を間違ってしまうと、痩せた分以上に太ってしまうリバウンドが起こってしまうことがあります。

 

とくに食事制限を行なっているダイエットに起きやすいとされています。

 

食事制限を行なっているダイエットをしているとある時期になると体重が減らなくなる停滞期に入ります。

 

この原因がホメオスタシスという体の機能で、体に少量のエネルギーしか入ってこないときにエネルギー消費を抑えて体を維持する機能です。停滞期でダイエットを諦めてしまい元の食事に戻すとこの状態のままの体でエネルギーを取り入れることとなり、余分な脂肪が蓄積されます。

 

また、満腹感にも変化が現れます。

 

脂肪細胞が脂肪を吸収するときに分泌するレプチンは満腹中枢を刺激する物質ですが、食事量を減らすとレプチンも減ります。

 

ダイエットを止めたときにもレプチンが変化しますが、元の状態に戻るまでは約1ヶ月ほどかかり、その間満腹感が得られずに食べ過ぎてしまうというのがリバウンドの原因です。

 

リバウンドを防ぐ方法としては、リバウンドをしないダイエットを行なっていくことが大切となります。

 

ホメオスタシスを働かせないためには、急激に体重を落とすということを避けます。

 

食事制限ではなく栄養バランスの整った食事をすることを心がけて、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの運動によって脂肪を燃焼させていくことを心がけることをおすすめします。

 

レプチンをコントロールすることも対策のひとつです。

 

レプチンの量がセットされるのは約1ヶ月必要なため、この1ヶ月の間に減少した体重を維持することができればレプチンの分泌量が減った状態を維持することができます。

 

そのためには、停滞期に入ったとしてもダイエットを諦めずに行ない続けることが大切です。