断食の目的とは

MENU

断食の本来の目的

ゆうこうせん

断食というと、非常にストイックなイメージが有りますが、我慢して苦しんで行うものではありません。

 

昔から断食は宗教者が修行や贖罪の為に行ってきたのが、そのような厳しい印象となっているのでしょう。

 

そしてそのような修道者などが過酷な修行を耐え抜いたり、何日も食べないで生き続ける事が出来たりと、普通に食事をしている人にも劣らない活動が出来ているのは驚きです。

 

勿論、ずっと何も食べないでいると健康に影響しますので、極端なのは論外です。

 

本来の断食の目的は、感覚を研ぎ澄ましたり、体調を整える事です。

 

生物は食べ物を消化するには、かなりのエネルギーを必要とします。

 

動物であれば必要な時に必要なだけ食べれば十分満足でそれ以上食べませんが、人間の場合は一日三食が当たり前で、おいしい物なら食べ過ぎてしまいますし、間食やお酒など、食事以外にも飲食します。

 

すると体はかなりのエネルギーを消化のために消耗しています。

 

そこに過剰なストレスや過労など、消化以外にも使われているエネルギーを合わせると、いつ体の調子を崩してもおかしくありません。

 

このような現代の生活環境による消化器官の負担をリセットして、体の調子を整えるために断食は効果を発揮します。

 

現代は飽食の時代ですから、ほとんどの人は断食する事で体の調子を改善できる可能性があります。

 

そして、断食によって体の調子が改善する事で、体の各器官の機能が最大限の活動をし、結果として健康体へと近づきます。身体機能が良くなると当然体も引き締まりますし、肌の状態もは良くなります。

 

そうはいっても断食は食べる量や食べる回数が減る訳なので、やり方によっては栄養の偏りや急激な血糖値の上下が起こります。

 

このような状態は体に負担となり好ましくありませんので、最近は抜いた食事の代わりに野菜ジュースを採るなど、体に急激な負担が無い方法が普及しています。

 

野菜ジュースを飲むと良いのは、酵素がよく働くからです。最近は酵素ドリンクと組み合わせてダイエットの目的で断食を行う方が増えていますが、それは理にかなった方法と言えます。そんな酵素ドリンクの中でも、とても飲みやすい優光泉は特におすすめです。